子テーマをボタン一つで作成してくれるプラグインOne Click Child Theme

WordPressサイトを構築する時、カスタマイズは子テーマに対して行います。親テーマを直接カスタマイズしてしまうと、テーマをアップデートする時にカスタマイズした内容がなくなってしまうからです。

一般的な子テーマの作成方法

1. 子テーマフォルダの作成

Wp-content/themes/フォルダ内に新しいディレクトリを作成します。ディレクトリ名は「親テーマ-child」のようにしておきます。

2. style.cssの作成

子テーマフォルダ内にstyle.cssを作成して以下のように記述します。

 /*
Theme Name: visual-composer-starter-child
Description:
Author: My Name
Template: visual-composer-starter

(optional values you can add: Theme URI, Author URI, Version, License, License URI, Tags, Text Domain)
*/

Theme nameには子テーマの名前を記述します。
Templateには親テーマの名前を記述します。
いずれもスペルを間違えると正しく動作しないので要注意です。

3. function.phpの作成

子テーマフォルダ内にfunction.phpを作成し、下記を記述します。

 

/*<?php
//
// Recommended way to include parent theme styles.
// (Please see http://codex.wordpress.org/Child_Themes#How_to_Create_a_Child_Theme)
//
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
wp_enqueue_style( ‘child-style’,
get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’,
array(‘parent-style’)
);
}
//
// Your code goes below
//

4. 子テーマの有効化

Dashboard>Appearance>Themesから子テーマを選択して有効化します。

One Click Child Theme

One Click Child Themeは上で記述した子テーマの作成をボタンクリックだけで行ってくれるプラグインです。

プラグインをインストールして親テーマを選択すると、テーマの下部にChild Themeというボタンが表示されています。

このボタンをクリックするだけで子テーマが自動的に作成されます。

親テーマからファイルをコピーできる

One Click Child Themeのファイル構成はstyle.cssとfunction.phpのみの最小ファイル構成となっています。
One Click Child Themeは他のファイルを親テーマから子テーマにコピーすることもできます。

子テーマを作成した後はプラグインを削除しても動作します

なるべくプラグインのインストールする数は少なくしたいものです。One Cick Child Themeを使っていったん子テーマを作成してしまえば、プラグインを削除しても子テーマはそのまま使用することができます。
手作業で子テーマを作成するのに対して大幅な労力削減ができますし、コピーミスも防げます。

Tags:

©2018 Bridge System Co., Ltd.

Bridge System Co., Ltd.

Log in with your credentials

Forgot your details?