Digital Marketing
in Vietnam
ベトナム市場デジタルマーケティングサービス

成長を続けるアジア市場(ASEAN)におけるデジタルマーケティングを、WEB開発からコンテンツマーケティング、ドメイン・サーバー、WEB広告、KPI管理、マーケティングオートメーションまで、ワンストップサービスを提供します。

WEB開発からコンテンツ・マーケティング、KPI管理まで
ベトナム市場でWEB集客に必要なサービスを
ワンストップで提供します。

成長するベトナム市場においてデジタルマーケティングは最も効率の良い市場開拓手段です。しかし単にホームページを美しく作っただけでは集客は望めません。データの把握と分析およびマーケティング改善によって安定的な集客が可能になります。Bridge Systemでは主に米国を中心に採用されている最新の各種マーケティング技術をWEBサイトに導入し、WEBサイトの開発から運用まで一貫したサービスをワンストップで提供し、真に営業効果のあるWEB開発・運用を実現いたします。

Service Menu

WEBサイト開発

強力なSEO対策を施した現地語対応WEBサイトのデザイン・開発を提供します

ドメイン&サーバー

高速なWEB閲覧を可能にするため想定市場に近い場所にサーバーを設置します

コンテンツマーケティング

Google検索上位を狙うためには良質で読者の役に立つ情報提供が不可欠です

WEB広告を効果的に進めるためコピー制作・広告制作・広告配信設定を行います

重要業績指標管理

強力なSEO対策を施した現地語対応WEBサイトのデザイン・開発を提供します

マーケティングオートメーション

高速なWEB閲覧を可能にするため想定市場に近い場所にサーバーを設置します

デザイン・印刷

Google検索上位を狙うためには良質で読者の役に立つ情報提供が不可欠です

お問い合わせ

WEB広告を効果的に進めるためコピー制作・広告制作・広告配信設定を行います

01 WEB DEVELOPMENT

WEBサイト開発

強力なSEO対策を施したベトナム語対応WEBサイトのデザイン・開発を提供します。CMSはWordPressをベースとしており、お客様がご自身でサイトの更新を行うことができます。またサイト更新のためのオンラインマニュアルもご用意しております。

– WEBデザイン
– テンプレートコーディング
– SEO対策
– レスポンシブデザイン
– 各種WEB機能開発

02 Domain & Server

ドメイン&サーバー

高速なWEB閲覧を可能にするため、閲覧するユーザーから近いベトナム国内にサーバーを設置しております。cPanelを導入しており、お客様がご自身でWEBサーバー・メールサーバ・FTPなど各種設定を行うことができます。

– VNドメイン販売
– ベトナム国内サーバー運用
– 日本国内サーバー販売

03 Content Marketing

ベトナム語コンテンツ・マーケティング

Google検索上位を実現するためには良質で読者の役に立つ情報の継続的な提供が不可欠です。Bridge Systemはベトナム語コンテンツの作成・配信をお客様に代わり定期的に行い、お客様のサイト価値を長期間にわたって向上させます。また配信の効果は毎日Googleランキングとして情報をご確認いただけます。

– コンテンツマップ作成
– ブログ作成・配信
– Google SERPs(検索結果ページ)ランキング調査
– Facebook/Twitter/Instagram連動

04 Web Advertisement

ベトナム語WEB広告配信

単にWEB広告を出稿するだけでは投資効果を十分に発揮したとは言えません。キーワードの適切な選択、コピー制作、グラフィック制作、コンバージョンの設定、広告予算配分、A/Bテスト、リアルタイムな広告効果測定などが重要です。弊社は広告クリエイティブから配信管理までートータルにWEB広告を管理し、投資効果をリアルタイムに計測し、お客様と共有いたします。

– WEB広告クリエイティブ
– A/Bテスト・キャンペーン設定・予算管理
– キャンペーン運用管理
– キャンペーン結果KPI管理

05 KPI Management

重要業績指標管理

大部分データ計測が可能なWEBマーケティングですが、顧客満足度やイベント申込者数、来店客数、回転率など様々な業績指標と連動させることはこれまで困難でした。弊社は貴社の営業目標と実績数をリアルタイムに計測を行い、WEBを含めた各種重要業績指標を提供します。
これにより経営目標/実績のリアルタイムな比較、現場の行動目標と実績など各種管理が、オンラインでリアルタイムに行うことが可能になります。

– 各種WEB指標
– 売上高/販売コスト/利益
– 営業訪問客数
– 営業提案数/成約数

など

06 Marketing Automation

マーケティングオートメーション

WEBマーケティング導入のメリットは、かなりの部分、ユーザーの属性値を得ることができる点です。例えば、WEBカタログをダウンロードした顧客に対し、以降、いつ誰がどの商品を閲覧しているのかといった情報を収集し、条件分岐によってEmailを配信する、担当者にコンタクトをアサインする、SMSを送信するなどのマーケティグ自動化が可能です。マスを対象にしたワン・トゥ・ワン・マーケティングを実現します。

– カスタマージャーニー設定
– WEBサイト・CRMインテグレーション
– WEBオートメーション開発
– Email, SMS配信
– Facebook、Twitter連動

07 Design & Printing

デザイン・印刷

WEBマーケティングと連動し、トラディショナルな印刷媒体のデザイン・印刷を行います

– グラフィックデザイン
– ロゴデザイン
– 印刷

TitleImage_CMYK
08 Contact Us

お問い合わせ

ベトナム市場を開拓したい、ベトナムでのビジネスをベトナム人に訴求していきたいとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

ご予算に応じてご提案を差し上げます。

09 Achievements

事例紹介

パソコン・スマートフォン関連機器を取り扱うELECOM商品のベトナム国内マーケティングを支援するため、商品の使い方やアイデアを満載したブログを月に2回発信しております。

ELECOM VIETNAM

詳細

Dong Shop Sunはベトナム全土で展開するパーソナル・ファイナンス会社です。バイクを担保に少額金融を展開しており、ホーチミン・ハノイ・ビンズン・カントーに店舗を展開しています。

Dong Shop Sun

詳細
10 FAQ

よくある質問

ホームページへのアクセス数を増やす方法として、WEB広告を出す、サイトにブログを掲載するなどの方法があります。WEB広告は基本的に特的のキーワードで検索をした際に広告が表示され、ホームページへのアクセスを誘導します。一方ブログはGoogleの検索結果に貴社の記事(コンテンツ)が掲載されることによって、検索結果ページからホームページへのアクセスを誘導するものです。広告が西洋薬のように即効性があるのに対し、ブログは漢方薬のようにじわじわと効果が効いてくる方法です。

Google検索結果の上位にランキングされるには読者にとって役に立つ情報を数ヶ月以上に渡って発信を継続しなければなりません。かつてはサテライトサイトを多数作成するなどの方法で強制的にサイトのランキングを上位表示させる方法がありましたが、現在では、各社オリジナルのコンテンツを発信することが必須です。

Google AnalyticsでGoogle検索結果のランキングを表示させることはできません。そのためNightwatchやMOZのようなSEOツールを導入する必要があります。弊社はコンテンツマーケティングをご利用のお客様に対して、契約期間中はSEOツールを導入してGoogleランキングを日時で計測し、週に1回報告をいたします。

コンテンツマーケティングでのGoogleランキング上位保証はございません。ある程度の確率でGoogleがどのようなアルゴリズムでコンテンツのランキングを決めているかは経験的にわかっていますが、正確な判断基準は誰もわからないのが現状です。そのため、弊社ではお客様のビジネスに関連性があり、読者にとって役に立つオリジナルのコンテンツを定期的に作成して発信をいたしますが、検索結果上位に表示される保証はありません。反対にコンテンツの貧弱なWEBサイトの場合は検索結果上位に表示される可能性は極端に低くなります。

日本語、ベトナム語の違いはあってもSEOのロジックに違いはありません。

ベトナムにもブロガーやインフルエンサーはいます。特にベトナムではテレビを中心としたマスメディアの影響力が日本や欧米諸国に比べて低いため、WEBサイトやソーシャルネットワークを中心に情報発信をする人が増えてきています。また芸能人が情報発信するケースも増えてきております。

はい、対応しております。WEBサイトで発信をしたブログは直ちにFacebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルネットワークに投稿を行います。また1日2回、一定期間を過ぎたコンテンツをFacebookやTwitterに再投稿し、WEBサイトへの誘導を行います。

ベトナムでは一時期Facebookに規制がかかった時代もありますが、現在では全く問題なくアクセスすることができます。中国のようにアクセスができないというような規制はありません。また多くの市民がFacebookを利用し、メッセンジャーのようなチャットも利用されています。

日本に比べるとTwitterの人気度は低いと言えます。しかしSEOを考慮した場合、ホームページで発信した情報をTwitterにも再配信を行うことは有効であると考えています。

比較的情報発信に対しての規制はありませんが、ベトナム政府を批判するような記事や領土問題に関連するような情報は取り締まりの対象になる場合があります。また地図などの情報をWEB上に掲載する際も注意を要します。

©2018 Bridge System Co., Ltd.

Bridge System Co., Ltd.

Log in with your credentials

Forgot your details?