【初心者向け】WordPress テーマ とは何か?

WordPressテーマとは

WordPress テーマ とはWordPress サイトをブラウザ上に表示するためのデザインテンプレートです。テーマはテンプレートと呼ばれることもあります。テーマで設定される項目は

  • WEBサイト全体のデザインとスタイル
  • フォント
  • カラー
  • ウィジェットの位置
  • ページレイアウト
  • ブログの投稿ページ・一覧ページのスタイル
  • その他スタイル

などであり、テーマを切り替えることで、コンテンツの内容を維持したままWebサイトのデザインを変更したり新たな機能を追加することができます。
現在、WordPressには無数とも言える有料、無料のテーマが公開されており、ユーザーは自由にダウンロードしてテーマを利用することができます。
テーマの切り替えはごく簡単ですが、安易にテーマを切り替えるとレイアウトが崩れてしまったり、lプラグインが動かなくなってしまうこともあります。WordPressサイトを開発する初期段階で適切なテーマを選択することが重要です。

WordPress デフォルトのテーマ

WordPressをインストールするとデフォルトのテーマがインストールされます。これらはWordPressの開発元が作成したテーマであり、現状バージョンのWordPressで動作が保証されているものです。
新たにインストールしたテーマに障害が発生した場合は、デフォルトテーマでWEBサイトが正常に動作するかどうかの確認のためにも必要ですので、デフォルトテーマはインストールしたままにしておくことをお勧めします。

デフォルトテーマ

WordPressサイトの無料テーマ

2017-10-19-2-27-57.png

WordPressダッシュボードからAppearance>Themes>Add NewでWordPressサイトに公開された様々なテーマを選ぶことができます。テーマはまさに無数と言えるほど多く公開されており、自分の気に入ったテーマをインストールして利用することができます。

2017-10-19-2-39-15.png

しかし無料のテーマの中にはコーディングの品質が良くなかったり、セキュリティに問題があるものも少なくありません。新しいテーマを導入する際には見かけの良し悪しだけでなく、頻繁にアップデートされているか、ユーザーの評価は良いか、コーディングがきちんと行われているか、などをチェックして導入する必要があります。

有料テーマ

2017-10-19-2-42-23.png

WordPressにはプロのデベロッパーが開発したテーマをオンラインで販売しているものがあります。有名なところではTheme ForestStudio Pressなどがあります。これらのサイトではテーマ毎にユーザーのランキングが表示されていたり、バグレポートやQ&Aなどが掲載されているので、購入する前にユーザー評価や実際にテーマがインストールされたデモサイトなどを確認することをお勧めします。

WordPressテーマ選択のポイント

無数にあるテーマを前にしてどれを選んだら良いか迷いますが、私は以下のような基準でテーマを選択しています。

サイトの目的に合ったテーマ

これから開発するWordPressサイトがコーポレートサイトであるのか、ECサイトか、ブログサイトか、ランディングページなのか・・・等、目的に応じてテーマを選ぶべきです。最近ではモバイルからのアクセスを主軸にしたテーマも開発されているので、PCかモバイルかも重要な判断基準です。

更新が頻繁に行われているテーマ

WordPressのバージョンアップは比較的頻繁に行われており、コアファイルのバージョンアップに伴ってテーマもバージョンアップが必要になる場合があります。また有料、無料にかかわらず、完璧なテーマというものは存在していないので、常時、バグフィックスとメンテナンスが必要です。これらの更新が頻繁に行われているかどうかは重要なポイントです。

SEOに強いテーマ

テーマの中にはSEOに強いことを特徴としているものがあります。確かに美しいWEBサイトを公開してもアクセスがなければ意味がありませんから、SEOは重要な検討項目です。個人的には比較的評価の高いテーマや人気のテーマであれば、さほどSEOに差があるとは考えていません。SEOに強いと謳っているテーマを導入したからといってアクセスが伸びるわけではありません。

コードが美しいテーマ

これはテクニカルな検討項目となってしまいますが、テーマのコーディングが美しいものとそうでないものがあります。これをチェックするにはテーマを導入したWEBページからソースコードを表示させることで確認をすることができますが、熟練したデベロッパーでなければソースコードを見て判断することは難しいかもしれません。

プラグインとの相性

テーマによってはWEBサイトで使用しているプラグインとコンフリクトを起こしてしまい、サイトが正常に動作しなくなってしまう場合があります。またテーマの中にはいくつかのプラグインを必須としているものもあり、これが使いたいプラグインとコンフリクトを起こす場合もあります。基本的にはプラグインの多用は控えるべきですが、テーマに必須のプラグインが正常に動作するのかどうかは重要なチェックポイントです。

2017-10-19-4-25-48.png

新しいテーマをインストールしてもphpエラーが表示されてサイトが正しく表示されない場合があります。

 

テーマのインストール

WordPressでテーマをインストールするのは極めて簡単です。

Appearance>Themes>Add Newで表示されるテーマから選択してインストールするか、同じ画面の上部にあるUpload Themeボタンをクリックして、ローカルにあるテーマファイルをアップロードします。

テーマは通常Zipファイル形式ですので、そのままアップロードするだけで構いません。

FTPアクセスが可能な場合は、いったんローカル環境でテーマを解凍し、root>wp-content>themesにディレクトリを転送します。

2017-10-19-3-04-37.png

テーマのインストールが完了したらアクティベートボタンをクリックすることで新テーマが適用されます。

2017-10-19-4-22-29.png

おすすめのテーマ

弊社がよく利用するおすすめのテーマをご紹介しましょう。

Genesis Framework

2017-10-19-4-28-38.png

Genesis FrameworkはStudio Pressが開発をしているWordPress用テーマです。Genesis Frameworkは20万以上のサイトでインストールされているテーマであり、クリーンでSEOに強いテーマとして人気があります。Genesis Framworkは親テーマとして開発をされており、子テーマとして様々なテーマが販売されています。$59.95〜$120前後とGenesis Frameworkと子テーマの組み合わせで販売されています。

KLEO

KLEOはWordPress上でソーシャルネットワークを構築するためのプラグインBuddy Pressに特化したテーマですが、コーポレートサイトから個人用ブログまで様々な用途に転用が効くテーマです。$59の有料テーマですが、Visual ComposerやSlider Revolutionなど人気のプラグインがバンドルされているため、トータルの価格としてはお得な値段です。何と言ってもシンプルで操作しやすく、欲しいWEBデザインがすぐに作れてしまうのが良い点です

Storefront

StorefrontはWordPress上でECサイトを構築するためにもっともポピュラーなプラグインであるWooCommerceを動作させるために特化したテーマです。WordPress, WooCommerceの開発元であるAutomattic社が配布をしているテーマであり、WooCommerceを使ってECサイトを構築するのであれば最初に検討すべきテーマです。WooCommerce関連のプラグインとも相性が良く、ほとんどのWooCommerce関連のプラグインはStorefront上での稼働をターゲットにしています。

まとめ

今回はWordPress初心者向けにテーマについて解説をしました。テーマ開発の世界は非常に活発に活動が行われており、日々新たなテーマが開発され、発表されています。自分がどのようなサイトを構築したいのかを良く考えて最適なテーマに出会うことが重要です。

Tags:

©2018 Bridge System Co., Ltd.

Bridge System Co., Ltd.

Log in with your credentials

Forgot your details?